05月≪ 2009年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/30(Tue)

日光・東照宮(2)

 1

 

 

三猿(さんざる)

 

「見ざる、聞かざる、言わざる」で有名ですね

 

「3匹の猿というモチーフ自体は古代エジプトにも見られるもので、シルクロードを経由して中国から伝わったものだという見解がある。よく似た表現は古来世界各地にあり、同様の像も古くから存在する。」

 

へぇー、世界中に似たような話があるんですね。なぜどこでも猿で表すんでしょう?不思議

 

 

 

9630-2.jpg 2

 

 

神厩舎(しんきゅうしゃ)

 

ご神馬をつなぐ厩(うまや)で、昔から猿が馬を守るとされているところから、猿の彫刻がほどこされているそうです。

 

 

9630-4.jpg 3

 

 

9630-5.jpg 4

 

 

猿の彫刻は8面あり、人間の一生が風刺されているそう。

 

 

 

9630-3.jpg 5

 

 

紫の袴の方はこちらの神主さんで、一面ずつこの彫刻の説明をしていました。

 

とってもお話が上手で、ものすごく笑わせてくれるんですよ

 

 


 

9630-6.jpg 6

 

 

 

奥の建物は本地堂(ほんじどう)。1635年に建てられたそうで、薬師如来が祀られています。

 

この中に鳴龍(なきりゅう)があります。

 

 

9630-7.jpg 7

 

 

内部の天井には大きな龍の絵があり、その下で手を打つと音が反響して、まさに龍が鳴いているように聞こえる鳴龍現象が起こる・・・ということです

 

係りの人が絵の下で拍子木を打ってくれるのですが、確かに鈴を転がすような美しい音が聞こえます。特に龍の顔の下がいいのだとか。。。面白いですね

 

 


 

 

順番がバラバラになってしまいましたが、眠り猫をくぐって進むと奥宮(おくみや)があります。

 

いわゆる家康公のお墓です

 

 

 

9630-8.jpg 8

 

 

かなり長くて急な階段を上らなくてはいけません。

 

 

 

 

9630-10.jpg 9

 

 

けっこう辛いですよー

 

昔、奥宮は将軍様しか参拝できなかったそうですが・・・将軍様も大変でしたね。

 

 

 

9630-11.jpg  10

 

 

 

拝殿の先に鋳抜門(いぬきもん)があります。

 

 

  

9630-12.jpg  11

 

 

 

門の内側です。これが御宝塔。つまり家康公のお墓ですね。

 

中に入ることはできず、囲いの外から見るだけ。

 

なんとなく厳かな空気が漂っています。。。

 

 

9630-13.jpg  12

 

 

反対側から見たところ。

 

お堂などではなく、オープンスペースなんですねー。 

 

 


 

 

奥宮から降りて、祈祷殿(きとうでん)です。 

 

 

 

9630-14.jpg 13

 

 

 

9630-15.jpg 

14

 

 

 この特別祈祷所では結婚式が行われていました

 

おめでとうございます!いつまでもお幸せに・・・

 

 

 

 


スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

12:00  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/29(Mon)

アクアパッツアの夕べ

   9629-7.jpg 1

 

    

 イサキのアクアパッツア

 

 

夫の得意料理です

 

(なんだかピントがイマイチ・・・

 

 


 

 

 

まだまだ日光の写真もあるんですけど、昨日友達が遊びに来てくれて、今日のブログを楽しみにしているとプレッシャーをかけられたので、とりあえず昨日の写真を先に。。。

 

 

 


9629-2.jpg 2

 

 

 

土曜日に夫がイサキをたくさん釣って来ました。20匹以上あったと思います

 

日曜日に友達が二人遊びに来ました。ときどきうちのにゃんこたちに会いにきてくれるんです

 

この二人が来るときは餃子が定番なのですが、今回はイサキを洋風にアレンジ・・・と言っても、全部夫が作るんですけど・・・

 

 

 

9629-3.jpg 3

 

 

 

まずはカルパッチョ。

 

お刺身の上にトマト、ケッパー、オリーブオイル、塩こしょうをかけただけ。

 

簡単だけどおいしいですよね

 

 


9629-4.jpg 4

 

 

キノコとハトムギ入りのリゾット

 

 

夫は、釣りをするようになってから、魚をさばいてるうちに料理にも興味がわいてきたらしく、魚料理以外にもいろいろ作るようになりました。釣り仲間でもそういう人は多いらしいですよ

 

最近は、お客さんが来るとお料理をしてくれるので楽々!レパートリーもかなり増えてきました。

 

あまり日常的じゃない料理が作りたいようですね

 

  

 

9629-5.jpg 5

 

 

サラダだけ私が作りましたけど、これは料理と言えるのか

 

 

 


9629-6.jpg 6

 

 

 

リゾットはとても好評!ワインもすすみます

 

 

 

9629-1.jpg 7

 

 

( お料理の撮影は急かされるので、なかなか上手く撮れません・・・もうちょっとお皿やグラスに気を使わないと・・・

 

「アクアパッツァ(acqua pazza) は、魚介類(白身魚と貝類)をトマトやオリーブなどとともに水で煮込んだイタリア料理」のことだそうです。イサキじゃなくても白身魚ならなんでもいいみたいですよ。

 

みんなお腹いっぱいと言いながら、ペロッと食べてしまいました

 

トマトのヘタは取ってからのほうがいいのでは・・・

 

 


 


9629-8.jpg 8

 

 

 

にゃんだかおいしそうな匂い・・・

 

れおちゃんはお刺身の端っこをもらいましたが、姫ちゃんは生魚を食べないんです

 

 

うちのにゃんこたちはもう何度もお二人に会っているんですが、最初はなかなか出てきません。

 

姫ちゃんはわりとすぐ慣れるんですが、れおちゃんはいつも5時間くらいかかります・・・

 

帰る頃になって、ようやく打ち解けてきました。。。

 

 

 


9629-9.jpg 9

 

 

 

おもたせのデザート!高野フルーツパーラーのフルーツです

 

ピーチ、グレープフルーツ、スイカ、メロンなどがありましたよ。

 

 


9629-10.jpg 10

 

 

 

こちらはグレープフルーツ。おいしかった!どうもありがとう

 

 


 


9629-11.jpg  11

 

 

 

昨日の写真にボクがいないにゃ・・・ガッカリ・・・

 

 


9629-12.jpg  12

 

 

 

だって、れおちゃん、隠れてばかりいるからでしょ!

もっと皆さんをおもてなししないと!

 

・・・そんなにショックなら、今おかーにゃんに撮ってもらったら?

 

 


9629-13.jpg  13

 

 

そうだにゃ!おかーにゃん、イケメンに撮ってにゃ!

 

 

はいはい、イケメンに撮りましたよ! 

 

 

 


 

 

昨日は楽しかったです!また遊びに来て下さいねー

 


(お隣にイサキを少しおすそ分けしたら、あとで野菜のてんぷらを頂きましたー!ラッキー!)

 

 

 

 

テーマ : 料理の写真 - ジャンル : 写真

12:00  |  料理、食べ物  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/27(Sat)

日光・東照宮

 1

  

 

眠り猫(国宝)

 

仔猫が日の光を(日光)を浴びてうたた寝しているところだそうです

 

「猫も寝るほどの平和」を表しているとか、実は寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているとかの説あり。

 

猫の彫刻は、東照宮以外の神社・寺院では獲物を狙って殺気をみなぎらせているのが多く、寝ているのは東照宮だけだそうです。つまり平和な様子をあらわしているそうなんです。

 

猫飼いから見ると、前足はふんばってるし、やっぱり眠っているよりは、ただ目をつぶっているだけのように見えるけどなぁ・・・

 

裏は雀が彫られているそうで・・・それは見逃してしまった・・・


 

 

宇都宮から日光線に乗って日光にやってきました。1時間弱くらいですが、1時間に1本くらいしかないので、時間に注意です

 

2両しかない電車に乗ってびっくり!ほとんどが外国人観光客でした

 

日本人も含めて、普通の観光客は観光バスで来ることのほうが多いようですね。

 

 

 

 

9627-2.jpg 2

 

 

石鳥居(いしどりい)

 

1618年、この石材は、まず九州から船で小山まで運ばれ、その後陸路を人力で日光まで運ばれたそうです

 

 


 

 

日光に来るのは、なんと小学校の修学旅行以来です

 

この日は雨がポツポツと降り、霧も出て、少し肌寒かったですね。

 

東照宮は日光駅からバスで15分ほどでした。

 

ご存知のように、東照宮は、1617年に徳川初代将軍・徳川家康公を祀った神社ですね。

 

家康は「日本全土の平和の守り神」になり、徳川幕府の安泰と日本の恒久平和を守ろうとしたのだそうです

 

 


 

 

9627-3.jpg 3

 

五重塔(ごじゅうのとう)

 

 


 

 

 

9627-4.jpg 4

 

 

 

帰ってから知ったんですけど、このあたりはスピリチュアルパワーがすごく強いらしいですよ。

 

特になんにも感じなかったんですが、なんか御利益がありそうな空気はありますね・・・

 

 

 

9627-5.jpg 5

 

  

陽明門(ようめいもん)(国宝)

 

いつまで見ていても見飽きなくて日が暮れるというところから「日暮の門(ひぐらしのもん)」ともよばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされているそうです。

 

とにかくすごい彫刻の量です。東照宮は今のお金にすると2000億円くらいの建設費かかっているらしいです。さすがに家康ですね

 

 

今回は陽明門を中心に写真を選びました

 

 

 

9627-6.jpg 6

 

 

 

よく見ると、突き出ているのはほとんどが龍なんですね。

 

どれも口の開け方が微妙に違うので、びっくりしました

 

 

 

9627-7.jpg 7

 

 

  門番

 

 

 

9627-8.jpg 8

 

 

 

右側の廻廊(かいろう)(国宝)

 

「陽明門の左右に延びる建物で、外壁には我が国最大級の花鳥の彫刻が飾られています。いずれも一枚板の透かし彫りには、極彩色がほどこされています。」

 

 

 

9627-9.jpg 9

 

 

 

左側の廻廊

 

鮮やかなレリーフがたくさん並んでいます。飛び出しているのはろうそく立てなんでしょうか

 

 

9627-10.jpg 10

 

 

 

9627-11.jpg 11

 

 

 

ほとんどが花と鳥です。1枚板をくりぬいているなんて信じられませんね・・・

 

まだこれだけの色が残っているのがすごい。定期的に塗りなおしているのかな?

 

 

 

9627-12.jpg  12

 

 

狛犬のモチーフも多いです。

 

 


 

 

 

9627-14.jpg  13

 

 

陽明門の裏側

 

 

 

9627-15.jpg 14

 

 

 

9627-16.jpg  15

 

 

 

 

9627-18.jpg  16

 

 

 

 

子供が遊んでいるレリーフも多いです。これも平和を表しているのだとか・・・

 

 

 

9627-17.jpg  17

 

 

いろんな動物もいます。

 

 


 

 

9627-19.jpg 18

 

 

「魔よけの逆柱」

 

「12本の柱のうち1本だけはグリという渦巻き文様が逆になっている。完璧な陽明門に魔がささないようにと故意に未完成にした、という説がある」・・・わざと間違った部分を作るなんて、芸が細かいですねー

  

この柱は偶然撮ってました。他の柱はグルグル模様が上向きなんです。上の「門番」の写真の柱と比べて見てくださいね。

 

 


 

 

9627-13.jpg  19

 

 

唐門(からもん)(国宝)

 

 

 

9627-20.jpg  20

 

 

 

とにかく龍がたくさん。他にも虎、象、鳳凰などがたくさん見られました

 

 

 


 

 

 

小学校の修学旅行の遠い記憶がよみがえってきました。

 

親に借りたカメラの調子が悪くなって、同行のカメラマンの人に見てもらった気がします

 

カメラって扱いにくーい!めんどくさーい!と思っていたのに、○年後にはもっと大きなカメラを持って、また日光に来るとはねー

 

デジタルカメラが開発されなかったら、絶対写真はやってなかったでしょう・・・

 

 

  

 


テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

23:42  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/26(Fri)

宇都宮の夜

 1

 

 

 

宇都宮・屋台横丁

 

 


 

 

先日、郡山に住む友達と宇都宮で落ち合って1泊旅行をしてきました。

 

宇都宮は初めてでしたが、うちから2時間ほどで、思ったより近いんですね

 

 

 



9625-2.jpg 2

 

 

 

金曜の夕方に集合し、とりあえず夕飯を求めて街をウロウロ。

 

街の真ん中に大きな神社がありました

 

 



9625-3.jpg 3

 

 

宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)です。

 

この鳥居はかなり新しそうでしたが、最近建てかえられたんでしょうか?

 

 

「日光の二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)との区別のために鎮座地名を冠して呼ばれる。両社は祭神が異なり名称の由来も異とされるため、全く別の神社と言われる」そうです。

 

読み方も違うんですね

 

とても歴史が古くて1600年くらい経っているらしいです。

 

宇都宮はこの門前町として発展し、地名の由来は、「一宮(いちのみや)」、「移しの宮」、「現宮(うつつのみや)」という説など、諸説あるということです。

 

宇都宮市生まれの宇都宮市育ちは「宮っ子」というらしい・・・へぇー、知らなかった

 

 



9625-4.jpg 4

 

 

それでは、ちょっと行ってみましょう

 

けっこう急な階段を上ります。

 



9625-5.jpg 5

 

 

振り返るとこんな感じ。

 



9625-6.jpg 6

 

 

中に入ってみます。

 



9625-7.jpg 7

 

 

 境内はけっこう広いんですよ。

 



9625-8.jpg 8

 

 

 拝殿

 

 


9625-9.jpg 9

 

 

神馬(しんめ、またはじんめ)

 

・・・ってなんだろう?またまたウィキペデイアです。

 

「 神社に奉納された馬、あるいは祭事の際に使用される馬を指す。神が乗るとされる。等身大の馬の像をもって神馬とすることも多い。」

 

「 小規模な神社ではその世話などが重荷となること、また高価であり献納する側にとっても大きな負担となることから、絵馬などに置き換わっていった」

 

ふーん・・・絵馬を奉納するってそういうことだったんですね

 

伊勢神宮や日光東照宮など、まだ本物の馬が献納・飼育されている神社もあるそうです

 

 


 


9625-10.jpg  10

 

 

 この近所に屋台村があって、いろんな種類の小さなお店が数件集まっています

 

 


9625-11.jpg 11

 

 

今日はこちらで一杯

 

 


9625-12.jpg 12

 

 

「パラグアイと韓国の屋台」というお店に入りました。

 

つまり、ご主人が韓国人で奥さんがパラグアイ人なんですね。パラグアイ料理というのを初めて頂きました。チキンナゲットのようなお料理がおいしかった

 

ここで、九州から1人で来たという、自称作家の70代くらいのおばさんに話しかけられ、彼女の波乱万丈な半生を長々と聞かされるはめに・・・

 

あまりに話が止まらないので、ちょっと困りました・・・

 

 


9625-13.jpg  13

 

 

その後、河岸を変えてスペイン料理のお店へ。タパス(小皿料理)がたくさんあって、なかなか良かったです

 

またまた飲み食い優先で、写真はそっちのけ。。。

 

宇都宮にはスペイン料理屋さんが多いような気がしたんですけど・・・なぜでしょう

 

 


 

 


9625-14.jpg  14

 



こちらは翌日食べた餃子。

 

宇都宮に来たらやっぱり餃子も食べておかないとね

 

 


 

 

 

明日は日光に行きます・・・

 

 

 

 

 

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

10:04  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/23(Tue)

Flowers

 1

 

 

 

 

スパティフィラム

 

 


 

 

 

紫陽花が続いたので、気分を変えて・・・

 

 



9623-2.jpg 2

 

 

 

 

エンジェルズ・トランペット

 

「天使のラッパ」なんて、素敵な名前ですね

 

 

 


 



9623-3.jpg 3


 

 

 

ラベンダーと蜂?ハナアブ

 

羽が2枚みたいだからアブかな?蜂は4枚だそうです。

 

  虫は難しくてなかなか撮れません・・・

 

  

 

神代植物公園

  

 

 

 

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

12:00  |  花、植物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/22(Mon)

紫陽花

 1

 

 

八重のガクアジサイ

 

 


 

 

円覚寺で撮った紫陽花のいろいろです

 

 

紫陽花(アジサイ)というと雨、梅雨のイメージ。

 

ウィキペデイアによると、英名・学名はHydrangeaで、「ヒドランジア」あるいは「ハイドランジア」と読み、「水の容器」という意味だそうです。 

 

Hydra, Hydroから始まる英語って確か水に関係あるんだよなーと思っていたんですが、やっぱりそういう意味だったんだ

 

いかにも和風な花ですが、やはり日本原産らしいですね

 

 



9622-2.jpg 2

 

 


9622-3.jpg 3

 

 

ピント合わせがむつかしかった・・・これも微妙か・・・

 

 

 


 

 

 

意外だったのは、「いわゆる最も一般的に植えられている球状のアジサイはセイヨウアジサイであり、日本原産のガクアジサイを改良した品種」だということ。

 

ガクアジサイのほうが先なんですね!なんとなく逆のような気がしていました

 

 

 


9622-4.jpg 4

 

 

これもガクアジサイの一種?

 

 

 


9622-5.jpg 5

 

 

こちらは改良されたセイヨウアジサイ?

 

 

 


 

 


9622-6.jpg 6

 

 

 


9622-7.jpg 7

 

 

なんだか、みんな同じ向き・・・

 

 

 


9622-8.jpg 8

 

 

こうなると何の花だか、もうわからないかも・・・

 

 

 


 

 

 

久しぶりにマクロレンズを使ったら、三脚使用にもかかわらず、大量のピンボケ写真が・・・

 

 

マニュアルで合わせて、ファインダー上では大丈夫なように見えたんだけどな・・・自分の目がそろそろヤバイのか?・・・かなり心配な今日この頃・・・

 

 

 

 


テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

12:00  |  花、植物  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/20(Sat)

円覚寺

 1

 

 

 

円覚寺(えんがくじ)は、鎌倉時代後半(1282年)に、北条時宗が中国より無学祖元禅師を招いて創建されたそうです。

 

 

つまり700年以上たっているんですねー。すごいなー

 

 


 

 

円覚寺で撮ったその他の写真です

 

ここはとても広くて、紫陽花もたくさん咲いているし、三脚もOKなので、写真を撮るにはいいところなんですね

 

 

 

9619-2.jpg 2

 

 

この山門(三門)は、1785年に再建されたものだそうです。

 

 

9619-3.jpg 3

 

 

この仏殿は昭和39年(1964)年に再建されたそうで、まだ新しいですね。

 

「当寺では、元寇で戦死した日本の武士と元軍(モンゴル・高麗等)の戦士が、分け隔てなく供養されている」 

・・・「元寇」って、歴史で習いましたねぇ・・・やっぱり本当にあったんだ!(そりゃそうだ!)

 

鎌倉に来ると急に歴史が身近に感じられます・・・が、ちゃんと勉強していなかったところが悲しい・・・

 

 

 

9619-8.jpg 4

 

 

紫陽花と仏殿

 

 


 

 

9619-4.jpg 5

 

  

 

9619-5.jpg 6

 

 

 

いろんな種類の紫陽花が咲いています。どれもまだ咲きたてできれいでした

 

鎌倉で紫陽花と言えば、本当は明月院が有名なんですが、この時期はものすごく混んでいるらしいので、まだ行ったことがありません。写真なんてきっと無理なんだろうな・・・

 

 


  

 

9619-6.jpg 7

 

 

 

9619-7.jpg 8

 

 

どの年代も、先生は大変だ

 

 


 

 

9619-9.jpg 9

 

 

 

 

ここは在家修行者の為の専門道場で、初心者でも参加できる坐禅会が定期的に開かれているそうです。

 

 

 

9619-10.jpg 10

 

  

 

9619-11.jpg 11

 

 


 

  

9619-12.jpg  12

 

 

帰りの北鎌倉駅は女子高生でいっぱいでした。

 

もう夏の制服ですね

 

 


 

 

1年たったので、そろそろブログのテンプレート(壁紙?)を変えようかなと思うのですが、なかなか気に入ったのが見つかりません。今のも使いやすいしなぁ

 

自分の写真を使えばいいんだろうけど・・・どうやるんだろ

 

いつか突然変えるかもしれません。。。

 

  

 

 

 

 

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

10:38  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/18(Thu)

ブログ1周年!

 1

 

  

ガクアジサイ

 

 


 

 

昨日でブログ1周年を迎えました!いつも見ていただいてありがとうございます

 

去年、一日PCと格闘して、おそるおそる始めたブログ。

 

翌日にはもう見知らぬ方からコメントを頂き、とても感激しました

 

そのうちネタ切れになっちゃうかな・・・と思っていましたが、今は写真はあるけどアップする時間がないという状態です

 

 


9618-2.jpg 2

 

 

 

去年、北鎌倉の円覚寺で撮った紫陽花の写真から始めたので、今年も同じく円覚寺に行ってみました。

 

 

 

9618-3.jpg 3

 

 

去年と同じところから撮ってみた。同じ紫陽花かな

 

 


 

 

写真を始めて丸2年になりました。その前はフィルムカメラもコンパクトデジカメもほとんど使ったことがなく、ケータイのカメラで撮るくらいでした。

 

このブログを始めた当時は、レンズもまだ2本しか持っていませんでしたが、今ではかなり道具も増え、レンズは7本にもなりました

 

頂いたものもあって、全部を使いこなしているわけではないのですが。。。(いまだに、カメラも全機能わかっているわけじゃないし・・・

 

 

 


 

 


9618-4.jpg 4

 

 

 む?右側に人工物が・・・

 

 


9618-5.jpg 5

 

  

 紫陽花の前で記念撮影

 

 


 

 

去年の今頃はまだ写真教室に入っていて、教室で撮る以外はあまり熱心ではありませんでした。特に発表する場がなかったので、撮りためても仕方ないような気がしてたんですね

 

その後、ブログを始めてまもなく教室がなくなってしまったので、ネタ探しのためにも自分で色々撮りに行くようになりました。

 

また、よりよい写真を発表できるよう、雑誌を見たり他の方のブログを見たり、意識して勉強するようになりました

 

 


 

 


9618-6.jpg 6

 

 


9618-7.jpg 7

 

 

 

このお寺には石仏もたくさんあります。

 

 


 

 

ブログを通じて新しく友達ができたり、疎遠になっていた友人と再会したりして、面白いですね

 

この1年で、好きな被写体も、撮り方にも変化があったと思います。

 

腕のほうは上がったかどうかわかりませんが、レンズが増えたおかげで、表現の幅は広がってきたような気はします

 

 


9618-8.jpg 8

 

  


 

 

今後の目標は、同じ被写体に対する撮影枚数を減らしていくこと。

 

一回の撮影で400~500枚と、似たような写真をやたらにたくさん撮ってしまい、後から選ぶのが大変なんですよね

 

そこがデジタルの良さでもあるわけですけど、偶然上手く撮れることに頼ってしまうところもあります。

 

あるプロカメラマンの人が、1つの被写体に対して1回しかシャッターを押さないというのを聞いて、びっくりしました

 

もちろん、そこまで行くにはたくさんの経験に裏づけされているんでしょうけど、私も動かない被写体に対しては、もっと1枚ずつていねいに、よく考えてシャッターを押していきたいと思います

 

 


 


9618-9.jpg 9

 

 

 


9618-10.jpg 10

 

 


 

 

いつも皆様のコメント、拍手、訪問数がとても励みになっています!ありがとうございます

 

今後もマイペースでがんばってきますので、どうぞよろしくお願いします

 

 

  

 


テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

07:58  |  風景  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/16(Tue)

野毛山動物園

9613-1.jpg 1

  

  

 

睫毛もすごいけど、首がほそっ

  

 

 


 

 

 

野毛山動物園の他の動物たちです。

 

 

300mmの望遠レンズを買ったことだし、今までよりもっと動物たちに接近して、それぞれの表情が撮れたらいいなと思いました

 

レッサーパンダは堀で隔たれているだけなので撮りやすいのですが、他の動物たちは檻や金網の中にいるのが多く、上手く撮れなかったものもたくさんありました

 

  

 

 

9613-2.jpg 2

 

 

 アミメキリン

 

 

「食物の葉から摂る水分のみで、水を飲まなくても生きていくことができる。1日の睡眠時間は諸説あるが、10分~20分、長くても1時間程度と言われている」・・・それで大丈夫なのかぁ

 

 



 

9613-4.jpg 3

 

  

ショウジョウトキ(猩猩朱鷺)

 

 

ものすごく鮮やかな鳥ですが、子供のときは黒いのだとか。羽の端っこは黒いなんておしゃれですね。

 

赤い色は餌によるもので、適切でない餌を与え続けると色が褪せてくるそうです

 

 


 


9613-5.jpg 4

 

  

マントヒヒ

 

 

古代エジプトでは神や神の使者として崇められていたそうですよ。

 

右がメスで左がオスのようです。仲良しですね

 

 


 


9613-6.jpg 5

 

 

ライオンのフク君。

 

去年多摩動物園からやってきました。まだ2歳くらいで、たてがみも生えそろってないそうです。

 

前に来た時は寝たきりの老ライオンがいたのですが、去年天国に行ってしまったのですね。。。

 

 


9613-7.jpg 6

 

 

こちらはメスのシンクちゃん。10歳くらい。

 

あくび寸前?

 

 

 

ただ、このライオンの檻は狭すぎるような気がします。他にも動物の大きさに比べて狭い檻が多くて、動物がちょっと気の毒。。。

 

 

無料の動物園だから仕方ないのかなぁ。少し有料にしてもいいから、もうちょっと改善してあげたいような気がしますね。。。

 

 

 


 

 


9613-8.jpg 7

 

 

  

9616-1.jpg 8

 

 

ベニイロフラミンゴ

 

 

「「世界一不味い鳥」と形容されることがあるが、現在ではワシントン条約で保護されているため、一般現代人に味の真偽を知る術は無い。」・・・ふーん。ま、食べたいとは思いませんけどね・・・

 

 


 


9613-9.jpg 9

 

 

 

アカエリマキキツネザル

 

 

何を見てるのかな?すごく鳴き声が大きいんですよ

 

ここにはいませんが、エリマキキツネザルという種類のほうは、そっくりだけど白黒の毛色なんですね。

 

 

 


 

 

 9613-16.jpg  10

 

 

おねーちゃん、可愛いねぇ

 

 フンボルトペンギンは暑さに強いそうです。

 

 


 

 

 

動物の表情を撮りたいと思ったのですが、はっきりした表情はおサルさんくらいしかわからないですねぇ。。。

 

でも猫だって少しは表情があるので、いつも見ていればきっと違うんでしょうね。

 

自分のペットとは違って、外の動物を撮るのは難しいです

 

 

 

れおちゃんのお誕生日にいろいろメッセージを頂きまして、ありがとうございました

 

これからもみんなで仲良くやっていきたいと思います

 

 

  

 

 

テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

21:23  |  魚、動物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/15(Mon)

れおちゃん、お誕生日おめでとう!

9615-1.jpg 1

 

 

 

2歳になりましたー

 

 


 

 

今日はれおちゃんのお誕生日です

 

・・・と言っても、本当の誕生日は不明なんですが、保護された時におよそ10ヶ月くらいじゃないかということで、うちに来て2ヵ月後の去年の今頃に獣医さんに見てもらったとき、だいたい1歳くらいだろうということでしたので、6月15日をお誕生日にしました。

 

この日はうちの結婚記念日でもあるので、覚えやすいんですね。そっちはもう何年目だったか・・・??

 


 

9615-2.jpg 2

 

 

 

鼻の先から尻尾の付け根まで約58センチ、尻尾の長さ約28センチ、体重約5キロ。きわめて健康です

 

冬に6キロ近くまで増えたのですが、春になるにつれてまた自然に痩せていきました。そういうサイクルなんでしょうか?あまりご飯に執着がなくて助かっています。

 

ものすごく筋肉質で硬い身体。とても力があって強いです。マックスは大きくて太めでお相撲さんみたいでしたが、れおちゃんはK-1選手みたい

 

だけどとっても甘えん坊で、すぐにお腹を出して寝転びます。撫でてもらうのが大好き

 

おしゃべり好きでよく話しかけてきますし、可愛い声で独り言もよく言っています

 

 


9615-3.jpg 3

 

 

去年の今頃の写真です。あまり変わってませんね。お座りすると40センチくらいの高さです。

 

毛はフワフワで姫ちゃんより柔らかい毛質。。。その分、よく抜けるんですね。。。

 

 

 


9615-4.jpg 4

 

 

 

写真キラーイ!

 

 

写真を撮られるのは嫌い。絶対カメラ目線をしてくれません

 

姫ちゃんはちゃんとカメラを見てくれるんですけどね。やっぱり女の子は撮られるのが好きなんでしょうか?

 

れおちゃんはとっても頭が良くて、最近はドアも窓も開けられるようになってしまいました!・・・だから油断ができません・・・

 

 


9615-5.jpg 5

 

 

 

カメラ、もういいでしょ!

 

 

 

これまで3匹の猫を飼ったことになるのですが、やはりそれぞれ性格が違うものですね。

 

飼う前に思っていたよりずっと猫は行儀が良くて、あまり困ったことをしないなぁ・・・と思っていたのですが、いろんな猫ブログを見るとけっこう困ったちゃんもいるようで・・・うちはみんなおりこうさんで助かってます(親バカ)!

 

れおちゃんでちょっと困るのは、愛情表現がガブガブ噛むことなんで、けっこう痛いんですね

 

それは姫ちゃんにもちょっと嫌がられているんですけど、彼は全くわかっていません。。。

 

 

 


9615-6.jpg 6

 

 

 

よくこうやって前足を伸ばして寝ています。

 

 

 

いつまでも健康で、うーんと長生きしてね

 

 

 

 

 


テーマ : 猫の写真 - ジャンル : 写真

17:00  |  うちの猫  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/14(Sun)

クジャク

 

 1

 

 

 

 

ジュディ・オングか?宝塚か

 

 

 


 

 

野毛山動物園ではインドクジャクが放し飼いにされています

 

美しい羽を持つのはもちろんオスだけですが、羽を広げるのは求愛行動の時だけで、威嚇のためには使わないそうです。

 

つまり、羽を広げた姿は春ごろにしか見られないのですね

 

 

 

9613-12.jpg 2

 

 

美しい白孔雀。

 

羽を全開にしたあと、全体を振るわせるんですよね。この音がけっこうすごいんですよ!びっくりしました

 

 



9613-11.jpg 3

 

 


顔はけっこう怖い。。。ちょっと恐竜みたいです

 

隣で写真を撮っていたおじさんが、放し飼いにされているのは珍しいのでわざわざ遠くから見に来た、と言ってました。そうなんですかねー

 

 

この日は70-300mm望遠ズームだけを付けていったので、とにかく近くが撮りにくい。

 

せっかくそばに来てくれたんですが、 全部が入らない・・・あぁ、残念。。。

 

 


 

 9613-18.jpg 4

 

 

後ろから見たところ。

 

 


 

 


9613-13.jpg 5

 

 

へぃ、彼女!ボク、きれいでしょ?

 

別にぃ。。。

 

 (ちょっとブレました

 

 

女の子は振り向きもせず行ってしまいました。男子はツライよ・・・

 

女子が行ってしまうと羽を閉じてしまいました。これ、けっこう疲れちゃうんでしょうか?この閉じていく過程もなんだか優雅なんですよね
 

 

 


9613-14.jpg 6

 

 

オレのほうがきれいだぜ~!どうだい!

 

 

 

 9613-19.jpg 7

 

 

ちょっと横向いてくれたらよかったんだけど・・・

 

 

 

9613-15.jpg 8

 

 

うーん、個人的にはこちらのほうが好みかな。

 

きれいなブルー。この冠も立派ですよねー

 

「 独特の甲高い声で鳴く。ネコの鳴き声に近いとも言われる」・・・えー?そうなの?またネコ?鳴き声は聞かなかったけど、ぜひ聞いてみたいですねぇ

 

 

 


 

 

 

ところで全く話は変わりますが・・・

 

私の好きな写真家、「1日1鉄」の中井精也さんの写真展が、金曜日から新宿のエプサイトで始まりました。

 

土曜日は中井先生のワークショップに参加し、撮影からプリントまで、先生の作品の作られ方を伺うことができました。一応「テツ」写真ですが、女性のファンが多かったですね。お話も大変面白く、ずっと笑いにつつまれた楽しい講座でした

 

 

 

 090613_1458~0002

 

 

ちょっとオバチャンぽいけどオジチャンです。駅長さんの帽子を被ってるんですね。

 

講座、写真展とも撮影自由で、ぜひ宣伝してくれとのことでしたので宣伝しておきまーす!

 

カメラを持っていなかったので、ケータイで失礼

 

 

そして最後の抽選会では、なんと!先生の作品が当たってしまいましたーー!わーい

 

写真展用の作品の失敗プリントだと言うことですが(色がちょっと明るかったり暗かったり、青っぽくなったりした程度)、どこが失敗だかわからない素敵な写真ばかりで、41x41センチのけっこう大きな作品です。

 

20枚ほどあったと思いますが、どの作品が当たるかはわかりません。

 

個人的には、3匹の仔猫が駅から行進してくる写真(6月9日)が希望だったのですが、1番違いで当たらず・・・でも鉄橋を渡る列車(5月23日)の、とっても素敵な写真が当たりました!嬉しーい

 

どこかで額装してもらおうと思います!これでかなりのクジ運を使い果たしたかなー。

 

写真展は6月25日までなので、「癒し系鉄道写真」に興味のある方はぜひ行ってみて下さいね

  

 

  


テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

23:00  |  魚、動物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/11(Thu)

レッサーパンダ

 1

 

 

 

 

ども!レッサーパンダです!

 

 


 

 

たまには動物が撮りたくなって、久しぶりに野毛山動物園へ行ってきました

 

ここは横浜市営の動物園なのですが、入場無料なので、写真の練習には最適です!

 

レッサーパンダは一番人気がありますね

 

2頭いるようで、それぞれキンタ(♀)とチップ(♂)という名前だそうです。

 

 



 

9611-2.jpg 2

 

 

どっちかなぁ?他の人のブログで確認するとキンタ嬢にも思えますが・・・しかし女の子にキンタってどうよ

 

鋭い爪が見えますね

 

 


 

 

ウィキペディアによると、なんとレッサーパンダはネコ目(食肉目)レッサーパンダ科(日本国内においてはアライグマ科として扱われる)に属するそうです

 

学名 "Ailurus fulgens"はラテン語で「炎色のネコ」という意味らしい。

 

中国語では「小熊猫」だそうですよ!

 

つまりネコの仲間・・・

 

体長約50~60センチ、体重約3~5キロ、尾長28~40センチということですから、やはりネコくらいの大きさですね。

 

もう少し大きそうに見えたけど、そんなに小さかったのかな

 

 


 

 

 


9611-3.jpg 3

 

 

 

尻尾はシマシマでふさふさ

 

 


 

 

最初は単に「パンダ」と呼ばれていたそうですが、後にジャイアントパンダが発見されたので、「小さい方の」という意味の英語「レッサー」(lesser) を付けて、「レッサーパンダ」と呼ばれるようになったそうです

 

しかし「レッサー」には蔑称の意味があるので、現在では英語ではなるべく「レッドパンダ(Red Panda)」を使うようにする動きがあるそう。他にも"Firefox"などの別名がたくさんあるとか・・・

 

ふーん、レッサーってそういう意味だったんだ・・・

 

 


 


9611-4.jpg 4

 

 

 

「多くの哺乳動物は腹部が白っぽい色であることが多く、黒い腹部は珍しい特徴である」・・・へぇ。。。

 

足が大きいですね。これはネコより熊っぽいかも?

 

 


9611-5.jpg 5

 

 

 

とにかくずっとウロウロしているので、写真を撮るのは難しいです。

 

木の上で笹を食べているシーンもあったのですが、ブレブレの全滅・・・

 

 


9611-6.jpg 6

 

 

 

とにかく顔がかわいいですよねぇ・・・

 

白い眉と頬、耳も白く縁取られているし、鼻が短かくて丸い顔・・・かわいい要素がたくさん!

 

赤い背中に黒いお腹と手足、尻尾はシマシマ!神様のデザインセンスは面白いですね

 

 


 

 

以上、レッサーパンダについてのウンチクでした

 

 

次回はまた他の動物をご紹介します

 

 

 

 

 


テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

08:29  |  魚、動物  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/09(Tue)

夜の花

 

 

 

 

アタシはネオンに咲く夜の花・・・

 

 

いつかトップになってやるわ!

 

 

 

 


 

 

 

・・・って、本当に夜の世界で言うのかどうかわかりませんが・・・

 

 

地方から出てきた貧しく無垢な女の子が、次第に夜の色に染まっていき、ナンバーワンホステスになり、ついには政財界を手玉にとる女王に成り上がる・・・山あり谷ありの成功物語です・・・(う~ん、昭和的ベタな発想?)

 

 

 

ま、T家次女のテラスで撮った写真ですけどね・・・

 

 

 

 

 


テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

08:33  |  花、植物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/07(Sun)

およばれ

 1

 

 

 

えーと、これはなんていう料理だったかな

 

とってもおいしかったです

 

 

 (うーん、また斜め過ぎ・・・?)

 

 


 

 

 

ちょっと前のことになりますが、横須賀のTさんのおうちでご馳走になりました。

 

今年の2月にフィジーで結婚式をあげたのは、T家3人娘の長女です。

 

この日は私たちの他に、Sさん夫妻、Hさん、隣に住むT家の次女、三女とその婚約者と、にぎやかな集いになりました

 

 


9607-2.jpg 2

 

 

  

T家の奥様はお料理上手。居酒屋も経営し、時々お料理教室も開いています。

 

この日もたくさんのご馳走が所狭しと並べられていました

 

手前はキッシュですが、たけのことふきの煮物があったり・・・いろんな年代が集まるせいか、いつも和洋折衷なのが面白いところです

 

 


 

 

9607-4.jpg 3

 

 

幻の焼酎と呼ばれる「赤霧島」

 

 



9607-3.jpg 4

 

 

 

フィジーの結婚式の写真を見ているSさん。

 

フィジー旅行は楽しかったなー


 

 


 

 


9607-5.jpg 5

 

 

 

まだまだお代わりもありますよー

 

  


9607-6.jpg 6

 

 


 

 


9607-7.jpg 7

 

 

娘の結婚について語り合うお父さんたち。。。

 

 

 


 


9607-8.jpg 8

 

 

8月に結婚式を控えている三女のCちゃん

 

これで三姉妹はみんなお嫁に行ってしまいます・・・

 

彼女も写真やカメラに興味を持っていて、 次女の夫の一眼レフをいじっているところです。

 

彼女は今のところコンデジ使用ですが、とってもセンスある写真を撮るんですよー

 

・・・負けそう

 

 


 

 

9607-9.jpg 9

 

 

 

隣の次女の家のテラス。

 

いまだにイルミネーションがついています・・・

 

次女の夫は美容師さん。週末もお仕事なので、この日は会えませんでした。

 

 


 

 

 

Cちゃんの結婚式では、また素敵な写真が撮れたらいいな・・・

 

 

 

 


テーマ : 食べ物の写真 - ジャンル : 写真

23:14  |  料理、食べ物  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/05(Fri)

春の花(2)

 1

 

 

 

9605-2.jpg 2

 

 

クレマチス(Clematis)

 

花びらはなく、花びらのように見える部分はガクだそうです。ふ~ん

 

 

 


 

 

 

花の写真としてはどれもイマイチなんですが、昨日のオステオスぺルマムが受けた(?)ようなので、ちょっと珍しそうなものを集めてみました。(私が知らなかっただけかも?)

 

  

 

 

9605-3.jpg 3

 

 

 

9605-4.jpg 4

 

 

ハンカチの木(Handkerchief Tree)

 

たいへん珍しい木らしく、みんなが写真を撮ってました

 

白いハンカチが花(真ん中の黒いの)をつつんでいるようですね。

 

花をつけるまでには10~15年くらいかかるそうで、花をつけたハンカチの木はなかなか見れないそうですよ。 

 

鳩の木(Dove Tree)とも言うそうです。鳩が止まっているようにも見えるかも

 

 


 

 

9605-5.jpg 5

 

 

 

9605-6.jpg 6

 

 

カモミール(Chamomile)

 

お茶が有名ですが、咲いているのは初めて見ました。古代から薬草として用いられてきたそうです

 

 「カモミール」の語源はギリシャ語で「大地のリンゴを意味するそうで、花にリンゴの果実に似た匂いがあるためだそうです・・・うーん、匂いをかいでみればよかった

 

日本語ではカミツレ(加密列)。なんか漢字が数学っぽくて可愛くないなぁ・・・オランダ語のカミッレからきたそうですが、もろに当て字っぽいですよね

 

 


 

 

9605-7.jpg 7

 

 

 

9605-8.jpg 8

 

 

 

ポンポネットデイジー(Pomponette Daisy)

 

ポンポンした雰囲気だから「ポンポンネット」って言うんだと思ってたら、本当は「ポン ポネット」でした

 

どういう意味なのかな

 

 


 

 

 

9605-9.jpg 9

 

 

 

ウエキバチセイジン

 

 

大船フラワーセンター

 

 


 

 

 

そろそろ紫陽花を撮りに行かねば・・・

 

 

 

 

 


テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

23:28  |  花、植物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/04(Thu)

春の花

9604-1.jpg 1

 

  

オステオスぺルマムという花。ちょっと覚えるのが大変な名前ですね

 

 

 


 

 


9604-2.jpg 2

 

 

いろんな種類があるそうですが、これは花びらがちょっと面白いタイプ。

 

なんだかピエロの襟飾りを思い出しますね

 

 


9604-3.jpg 3

 

 


こちらはピンクのオステオスぺルマム

 

 


 

 

9604-4.jpg 4

 

 

 

9604-5.jpg 5

 

 

 

 今年、藤の写真は全敗・・・どう撮ったらいいのかわからなかった。来年の課題です

 

 


 

 


9604-6.jpg 6


 

 

もう春は終わりだよ!

 

  

 

かなり季節はずれになりつつある写真を、いそいでアップします。。。

 

 

大船フラワーセンター

 

 

 


 

 

お知らせ

 

私が月に一度参加している花の撮影教室「デジタル花クラブ」の講師、プロカメラマンの岡本洋子先生の写真展が今日から開催されます。

 

モノクロフィルムで撮影された、とても雰囲気のある花の写真展だそうです。

 

私もとても楽しみです!お近くの方、興味のある方はぜひお出かけ下さい

 

 

場所:フォトエントランス日比谷 

東京都千代田区有楽町1-1-2日比谷三井ビルディング1F 

http://www.fujifilm.co.jp/photoent/access/index.html


日程:2009年6月4日(木)~2009年6月16日(火) 11:00~19:00(毎週水曜日は休館)

 

岡本洋子先生のブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/pentapoo

 

 

 

 

 

 

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

08:59  |  花、植物  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/03(Wed)

深大寺

  1

 

 

深大寺のお地蔵さん

 

 


 

 

先日バラの撮影に行った神代植物園のそばには、深大寺(じんだいじ)というお寺があります。

 

奈良時代(天平5年)に創建された天台宗の深大寺は、浅草の浅草寺に次ぐ都内第二の古刹で、神代植物公園は旧寺領だそうです

 

寺名は、湧水の豊富なこの地に祀られていた水神の深沙大王(じんしゃたいしょう)にちなんでいるのだとか。

 

水が豊富なせいかこのあたりはお蕎麦が有名で、周辺には20件以上のお蕎麦屋さんがあり、10月には「深大寺そば祭り」があります

 

 


9603-2.jpg 2

 

 

 

「深大寺そば組合」の名前がちょっと見えますね

 



9603-3.jpg 3

 

 

 


9603-4.jpg 4

 

 

 

元三大師堂(がんさんだいしどう)。

 

左に見える「水」(木?)というのはなんでしょうかねぇ?調べてみたけどわからなかった・・・

 

 

元三大師ってなんだろう?って調べていたら、平安時代の天台宗の僧で、日本天台宗中興の祖といわれる良源(りょうげん)〔または慈恵大師(じえだいし)]のことだそうです。

 

 

 

9603-13.jpg 5

 

 

 

この像は良源が鬼の姿に化して疫病神を追い払った時の姿で、角大師(つのだいし)と呼ばれ、魔除の護符となっています。

 

深大寺に行くたび、このちょっと気持ち悪い(?)像は何だろうと思っていました。そういうお話だったんですねー

 

意味がわかると面白い。行く前に知っておけばもっとよかったんだけど・・・

 

今回この像は撮らなかったので、2年前に撮った写真から。。(あれ?なんだかデカイ虫が止まっている・・・

 

 

 

9603-12.jpg 6

 

 

ついでに2年前にここで会ったにゃんこの写真。

 

今回は会わなかったけど、元気にしているかな

 

 


9603-5.jpg 7

 

 


9603-6.jpg 8

 

 


9603-7.jpg 9

 

 

 

階段に映る影。

 

 


 


9603-8.jpg  10

 

  

お昼を食べたお蕎麦屋さん。

 

 

9603-11.jpg 11

 


9603-9.jpg 12

 

 


9603-10.jpg  13

 

 

店内にあったレトロな棚。

 

お蕎麦の写真は、なんと食べ終わってから撮らなかったことに気付きました・・・

 

  

 


 

 

 

いろいろ励ましを頂き、ありがとうございましたー

 

まだまだ下手ですが、これからもマイペースでがんばっていきま~す

 

 

  

 

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

09:08  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。