02月≪ 2009年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/29(Sun)

韓国料理の夕べ


9329-1.jpg 1

 

 

イカと野菜の和え物

 

これはかなり辛かった・・・・

 


 

 

土曜日、久しぶりの友人たちと、新大久保の韓国料理屋さんで待ち合わせをしました。

 

新大久保といえば、東京のコリアンタウン。

 

街にはハングルが溢れ、いろんな韓国系のお店があります

 

 




9329-2.jpg 2

 

 

骨付きカルビ

お肉、柔らか! 

 


9329-3.jpg 3

 

 

 

おなじみ、キムチ。

 

昔は全く辛いものがダメで、キムチも食べられませんでした

 

その後、韓国旅行に行ったのがきっかけで、かなりのものがおいしく食べられるように

 

でもあんまり辛いのはいまだにダメですが・・・

 

 

 


 

 

9329-4.jpg 4

 

 

プルコギができあがるのを待っているところ。

 

これは全く辛くなく、すき焼きのような甘辛さで私好み

 

 


9329-5.jpg 5

 

 

マッコリ

 

おコメから作られたお酒で、乳酸飲料のような甘酸っぱい味がします。

アルコール分も7%程度と低めなので安心・・・

 

 


 


9329-6.jpg 6

 

 

 

お店に行く前に韓国スーパーでお買い物。

 

激辛好きな夫は、いろんな辛そうなものを購入・・・

 

 


9329-7.jpg 7

 

 

 

どれも辛そうだなー

 

 


9329-8.jpg 8

 

 


ああ、なんてこと!ヨン様をピンボケさせてしまうなんてー

(実は冬ソナファン・・・

 

 

 


 

 

 

もっといろいろ頼んだのですが、例のごとく、飲み食いとおしゃべりに忙しくなって、写真を撮ることをまたすっかり忘れてしまった・・・

 

昨日は寒かったけど、楽しいおしゃべりと、辛いお料理で、とっても温まって帰ってきました。。。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 食べ物の写真 - ジャンル : 写真

12:35  |  料理、食べ物  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/27(Fri)

春よ、来い!

 

 



くまさーん、春はもう見えますかー

 

みなとみらい・コスモワールド



 

 

毎日、三歩進んで二歩下がるような春の歩みです・・・

 

そろそろ桜も目覚めて来ました。。。きっともうすぐですね

 

 

 

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

10:26  |  風景  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/25(Wed)

本郷

 1

 

 

東京大学でランチの後は、本郷の街を歩きました

 

明治から昭和にかけて、夏目漱石、樋口一葉、宮沢賢治、川端康成、石川啄木など、多くの文人が住んでいた場所だそうです。

 

 


 

 


9325-2.jpg 2

 

 

 

レトロな喫茶店。

 


 

 

本郷ではあまり気に入った写真が撮れませんでした。。。

 

こんなところなんだーという雰囲気だけでも・・・

 

好きな写真が選べないときは、かえって枚数が多くなってしまいます。。。

 



9325-3.jpg 3

 

 

 

にゃんこ、発見

 


 



9325-4.jpg 4

 



9325-5.jpg 5

 



9325-6.jpg 6

 

 

 

けっこう旅館が多いんですねー。

 

英語の表示があったところを見ると、外国人の利用も多いのかな

 


 



9325-7.jpg 7

 

 

 

ある旅館の前にいた子。 

可愛い声でニャーニャー言ってました!好みのタイプ

 




9325-8.jpg 8

 

 

こんな古い家もまだまだたくさんあります。

 

下宿屋さんらしきところも

 


9325-9.jpg 9

 

 

この家の前にいた子

 

細い路地や坂道が多くて車の往来が少ないせいか、のんびり歩いているにゃんこが多いです。

 

 



 

9325-11.jpg  10

 

 

樋口一葉が通ったという質屋さん。

 

黒い建物と白い建物を同時に撮るのは難しい。完全に白飛びしてますね・・・

 




9325-12.jpg 11

 

 

小さなお稲荷さん。

 

 


 


9325-13.jpg 12

 

 

古い銭湯。

 

 

9325-15.jpg 13

 

 

井戸もまだたくさんあり、立派に利用されています。

 


 



9325-14.jpg 14

 

 

また逃げられたー

写真仲間に、ノラちゃんにうまく近づくコツを教わったのですが、試す前に逃げられる

 

 


 

9325-16.jpg 15

 

 

9325-18.jpg  16

 

 

長屋が連なった細い路地がたくさんありました。

 

 

9325-17.jpg  17

 

 

 

喫茶店の前にあった防火水槽?

 

 


 

 

東京のど真ん中だけど、まだまだ明治の香りも残っているような、古くて懐かしい雰囲気が残っています

 

本郷について、もう少し下調べしておけばよかったな。いろいろ見逃してしまったかも

 

 

木造の家屋では露出を失敗しがちだった。。。気をつけないと。。。

 

 

 

 



テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

23:00  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/24(Tue)

東京大学(2)

 1

 

 

 

東大の続きです。

 

やっぱり安田講堂は迫力がありますね

 


 



9324-2.jpg 2

 

 

この建物では、「血液浄化専門臨床工学技師認定試験」が行われていました。

 

そんな資格があるんですねぇ

 

 


 

東大出身の知り合いは多くありませんが、東大と言えばいつも思い出す人がいます

 

 

昔々、まだ就職したばかりの若かりし頃、学生時代のグループでテニスだ!スキーだ!とよく遊びに行っていました。

 

誰の友達だったのか、その中に東大出身の人が一人いたのです。

 

いつも軽いノリでおちゃらけた人なので、本当に東大なの?なんて冗談で言ってました

 

 

ある夏の週末、そのグループで何台か車を連ね、1泊で千葉の海に遊びに行ったことがあります

 

その人は、月曜に会社の重要な試験があるので本当は来たくなかったと言いながら、車の後部座席に座ると分厚いテキストを開きました。

 

車のクーラーも追いつかない暑い日で、道は渋滞して、到着まで5時間くらいかかったと思います。

 

その間、その人は一言もしゃべらず、ずっとテキストを読みっぱなし。

 

そしてやっと目的地についたとき、「よし!」とか言ってパタンとテキストを閉じると、その後の2日間をまたいつものようにおちゃらけて過ごしたのです。

 

その間、2度とテキストを開くことはありませんでした。

 

私は、これが東大というものかー!と、その集中力に非常に感心し、一気に彼を尊敬してしまいました。。。

 

(帰りは別々の車だったけど、運転していたか、爆睡していたはず・・・ところでその試験は受かったのかな?)

 

 

もう名前も思い出せないけど、どうしているのかなぁ?どこかのお偉いさんになっているのかも・・・

 

 


 


9324-3.jpg 3

 

古い建物はまるで遺跡のようですね

 

 

 

9324-7.jpg 4

 

あれ、発掘道具か

 

 


 

 

9324-10.jpg 5

 

 

三四郎池

 

静かな憩いの場所。池のまわりでお弁当を食べている人も多いです

 

 

9324-5.jpg 6

 

人懐こい鳩がいました

 

 

9324-4.jpg 7

 


亀や鯉や鴨なんかもいましたよ

 

 


 


 9324-9.jpg 8

 

9324-8.jpg 9

 

 

敷地が広いせいか、自転車移動する人が多いです。

 

なんだか今回は縦写真が多かったなぁ・・・

 


 

 

古い大学のキャンパスはどこも素敵だなぁと思いますが、東大はまた独特な雰囲気がありますね

 

今回見たのはほんの一部なので、また機会があったら来てみたいです。。。

 

 



 

 

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

09:04  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/23(Mon)

東京大学

 1

 

 

東大・・・ああ、わが母校・・・(大ウソ

 

安田講堂

(背後に建つ理学部1号館により景観が失われたという声もあるとか。。。そういえばちょっとジャマねぇ・・・

 


 

 

今月の写真クラブのお題は、「東大&本郷界隈を撮る」でした。

 

あまりにも縁がなかったせいか、東大に来たのは初めて

けっこう楽しみにしていました。

 

 

 

9323-2.jpg 2

 

赤門

 

 

東大は、1868年(明治10年)に日本で初めての近代的な大学として設立されたとか。

 

本郷キャンパスは、元は旧加賀藩前田家の上屋敷で、赤門は1827年に造られた上屋敷の御守殿門だそうです。

 

ニュースでよく見ますが、実は正門ではないんですねー

 




9323-3.jpg 3

 

 

排水溝の蓋にも「東大」の文字が・・・

 



9323-4.jpg 4

 

東京帝国大学バージョンも

 

 


 



9323-5.jpg 5

 

 

たぶん総合図書館かな。

 

古くて美しい建物がアカデミックな雰囲気を出してますね

 

 

9323-11.jpg 6

 

 

東大の建築物はゴシック様式だそうです。

このような、縦のギザギザとアーチの組み合わせが多いようでした

 

まるで外国にいるみたいですね

 

 


 

 

9323-6.jpg 7

  

 

写真仲間の作品では、このうずまき型のベンチを面白く撮影している人がけっこういました。

 

(ちょっとベンチが白飛び気味かなぁ・・・

 


 



9323-7.jpg 8

 

 

うずまきベンチの後ろに見える建物(医学部)のアーチ部分。

 



9323-8.jpg 9

 

 アーチから図書館をのぞむ。

 




9323-9.jpg 10

 

 

今年の合格発表がまだ貼り出されていました。

この前でいくつのドラマがあったことか・・・

 

うーん、知らない世界だなぁ・・・

 


 


9323-10.jpg 11

 

 

文学部の建物


 

9323-12.jpg 12

 

 

法学部の建物

 

広々した敷地内は公園のようです。

日曜のせいか、お散歩しているわんこや親子連れも多く見られました。 

 


 

 

9323-14.jpg  13

 

 

賢い(?)東大にゃん。また逃げられた・・・

数匹住みついているようでした。誰かにご飯、もらっているのかな

 


 

 

ランチは学食で頂きました!土日も食堂の一部が営業しているようです。

 

12時過ぎには、東大生じゃない人々(たぶん?)でとても混んでいましたよ!

 

安くてボリュームのあるランチと、静かでアカデミックな雰囲気

 

近かったらお散歩コースに最適なんだけどなー

 

 




テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

09:08  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/19(Thu)

関帝廟

 1

 

  

関帝廟(かんていびょう)は中華街にあるお寺です

 

 

横浜中華街のサイトから抜粋&要約

 

 「関帝信仰」とは、後漢から三国時代にかけて活躍した武将「関羽」が神格化され崇拝されているものです。

「義」に厚く弱い者の味方でありつづけた関羽様を、護国の神明として中国全土に関帝廟が建立されるようになりました。

「商業神」としても崇拝されており、世界各国のチャイナタウンにも関帝廟が建立されています。」

 

ふーん。世界中の中華街に必ずあるんでしょうねー

 

 


 

 

9319-2.jpg 2

 

 

とても鮮やかな色ですねー。


昭和61年に焼失してしまったのを平成2年に再建したそうで、まだけっこう新しいんです。

 

中国からわざわざ職人を呼び寄せて建立したそうですよ

 


 

 

9319-3.jpg 3

 

 

狛犬も日本とはずいぶん違いますよねー

 



9319-4.jpg 4

 

 

奥に見えるのが関羽様ですが、これじゃよくわからないよねぇ・・・

 



9319-5.jpg 5

 

 

中国のお線香は、中国のお箸のように、すごく太くて長いです

 



9319-6.jpg 6

 

 

参拝には決まったお作法があるようでした

 



9319-7.jpg 7

 



さー、記念写真撮りますよー!並んで、並んでー

 

どちらから来られたんでしょうかかねぇー

 


 



中華街はもっといろいろ面白い撮り方ができそうな気がします

 

この日はちょっと急ぎ足でしたが、またそのうちゆっくり行ってみよう

  

 

 

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

23:12  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/18(Wed)

横浜中華街

 1

 

 

善隣門(正門)

 

先日、中華街へ買い物に行きました

 

あまり気に入った写真が撮れず、しばらくお蔵入りしておりましたが、せっかく撮ったので今日は中華街のご案内でも。。。

 

 (え?新しいネタがなくなったんだろうって?そんなことはないんですけどぉ・・・) 

 


 



9318-2.jpg 2

 

 

幕末の開港後、明治時代に始まって大きくなった横浜中華街。

 

2月中旬の週末、あいかわらずすごい人です。

 

このメイン通りは前より広くなったようですね。

車道と歩道との段差がなくなったのかなぁ

 

 


 

 

世界最大の中華街と言われていましたが、現在はバンクーバーの中華街が世界一という噂。

 

久しぶりに行きましたが、新しい店が増え、古い店は改装され、どんどん近代的になっています

 

昔の中華街は、もっと怪しい店がたくさんあって、片言の日本語がすごく無愛想で、どこか怖い雰囲気がありましたねー。

 

子供の頃は歩いて行ける距離に住んでいたのですが、危険だから絶対子供だけで行ってはいけないと言われていました

 

きれいになっていくのはいいことなんですけど、どこかあの怪しさ&妖しさがなつかしい・・・

  


 

 

9318-3.jpg 3

 

 

肉まん下さーい

 



9318-4.jpg 4

 

 

萬珍楼は110年の歴史があるとか。どこも改装されてきれいなお店になっています

 



9318-5.jpg 5

 

 

安楽園

こちらも100年以上の歴史があるそう。もしかしてそのままの店舗なのかな?

ここだけすごくレトロなんです。中はどうなっているんだろう

 

 


 

 


9318-6.jpg 6

 

 

何番がお好き

 




9318-7.jpg 7

 

香港路に入ってみましょう

 



9318-8.jpg 8

 

狭い路地にたくさんのお店が並んでいます

 



9318-9.jpg 9

 

 

フカヒレを売っているんでしょうけど、もう少しディスプレイに工夫が欲しいですなぁ・・・

 

昔の中華街っぽい。まだこんな無愛想な部分もけっこう残ってますね

 



9318-10.jpg 10 

 

 ふーん。B’Zも来ましたか・・・

 


 



   9318-11.jpg 11

 

 

「横浜大世界」ってテーマパークらしいけど、行ったことないなぁ・・・

 

 どんどん若者向けに観光化されているような・・・ちょっと残念

 


 

9318-16.jpg   12



9318-12.jpg  13

 

  

近ごろ料理に凝っている夫が、いろいろ調味料を買っていました。

 

めったに使わないのに大びんで買うのはどうよ?しかし大びんしかないんだよねー

 




9318-13.jpg 14

 

 

旧正月(1月26日)後だったせいか、赤い提灯がたくさん。

 

 

9318-14.jpg 15

 

いらっしゃいませー

 


 


 

 


9318-15.jpg 16

 

 

有名なお粥屋さん、謝甜記(シャテンキ)。

なぜサンタクロースなのか、ずっと不思議でした

 

「初代が当時向かいにあったバーのクリスマスの飾りとして置かれたサンタクロースの看板をもらってきたことから始まったそうで、サンタクロースのように全世界に知られ、みんなに喜ばれる存在になれるようにとの願いが込められているとか。」

 

ふーん。そうだったのかー

 

当時は横浜港に着く外国船の船員用バーが、もっと多かったらしいですね。

 


 

 

以前はときどき食事をしに行ったりしたけど、最近は行かなくなったなー

 

気に入っていたお店が無くなっていたり、代替わりしたのか、味が変わっていたりしていて・・・

 

また新しいお店を開拓しないとねー

 

 

 




テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

09:55  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/16(Mon)

れおちゃん

 

9316-1.jpg 

 

あ、このホラー映画知ってるにゃ。

もうすぐコワーイ怪物が出てくるんだ!

 

 

 

9316-2.jpg 

 

 

ほらほら後ろに・・・見たくないけど目が離せない・・・

 

 

 

  9316-3.jpg 

 

 

さぁ、来るぞ、来るぞ!

 

ハラハラドキドキ・・・・・・

 

 

 




9316-4.jpg

 

 

 

で、出たー!!

 

 

・・・・・・・

 

 

 



 

9316-5.jpg

 

 

 

あー、怖かったにゃ!やっぱり見なきゃよかったにゃ・・・

 

 



9316-6.jpg

 

 

 

夢に出てきたらどうしよう・・・

 

 

 


 

 

 

ビビリのれおちゃんはテレビが大好き

 

今はWBCの試合に夢中です

 

WBCは怪物が出てこないもんねー!(あ、怪物松坂は出てるけど・・・?)

 

 

 

 


テーマ : 猫の写真 - ジャンル : 写真

11:32  |  うちの猫  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/13(Fri)

河津の花

 1

 

 

 

菜の花。

もうちょっと光があったらよかったんだけど・・・

 


 

先日の河津で見た、他の花たちです

 

 

9313-2.jpg 2

 

 

 

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)。

 

よく見かける小さな花だけど、今回初めて名前を教えてもらった。

名前がわかると急に愛着がわきます




 

9313-3.jpg 3

 

 

白い水仙。きっと素敵な名前があるんだろうな。

 

手前の葉っぱがジャマだったじゃん・・・

  

 


 

 


9313-4.jpg 4

 

 



9313-5.jpg 5


 

河津桜の原木。

 

原木はかなりの早咲きで、ほぼ葉桜になっていました・・・

 

もう60歳近いのかなぁ?まだまだ元気

 

 

 

 

 

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

08:53  |  花、植物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/12(Thu)

のらちゃん

 

 

 

あ、にゃんこだ

 

お顔を見せてー

 




9312-2.jpg



やーだよー

 

あーん、ぶれたー

 

 

逗子にて

 


 


猫を飼ってるわりには、お外猫を撮るのが下手です。。。

 

みんなすぐ逃げちゃうんだもん・・・うちの子は逃げないのに・・・(当たり前!)

 

きっと撮る気満々で近づくのがいけないんだろうなぁ・・・

 

 

テーマ : 猫の写真 - ジャンル : 写真

08:35  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/11(Wed)

冬の新宿御苑

 1

 

 

 

桜から一転して・・・まだまだ冬と春を行ったり来たりの毎日ですね。。。

 

 


 



9311-2.jpg 2

 



9311-3.jpg 3

 

 



9311-4.jpg 4

 

 



9311-5.jpg 5

 

 

 

本当は去年の冬に撮った写真なんですけど、このオドロオドロしい雰囲気が気に入っているので、春が来ないうちに急いで載せておこう

 

 

 



テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

08:34  |  風景  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/10(Tue)

河津桜祭り(2)

 1

 

 

 

河津桜

 

 


 

 

 

河津で見た電車以外のいろいろです

 



9310-2.jpg 2

 

 

右の人に枝がかかっちゃった・・・イマイチ 。

  

 

 

9310-3.jpg 3

  

 

わんこも家族

 

 

 

9310-8.jpg 4

 

 

 


 

 

  

9310-4.jpg 5

 

 

これが河津桜の原木です。

もう満開を過ぎ、ほとんど葉桜になっていました。

撮った時はもっと花も葉もなかったように思ったけど、写真を見るとけっこう咲いていたんですね

 

 

9310-5.jpg 6

 

 

「河津桜原木物語」より抜粋&要約

 

「昭和30年頃、この家の主であった飯田勝美氏が、河津川沿いで約1メートル位育った桜の若木を偶然見つけて、庭先に植えた事が始まりでした。

約十年後の昭和41年1月下旬、やっと花が咲き始め、同年4月、主の勝美氏は花が咲くのを見届け永眠しました。

その後の調査で新種の桜とわかり、「河津桜」と命名され、昭和50年4月河津町の木に指定されました。」

 

わりと新しい桜なんですねー

 


 

 

9310-7.jpg 7


 

 



9310-6.jpg 8

 

 
伊豆急リゾート21

 

「黒船電車」という黒くてかっこいい車両もあるのですが、撮影に失敗してしまいました・・・残念

 

 




テーマ : 四季 -春- - ジャンル : 写真

07:54  |  風景  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/09(Mon)

河津桜祭り

 1

 

 

河津桜とスーパービュー踊り子号。

 

 (これは先生に好評でした!斜めに撮ったのに桜がまっすぐなのが不思議ですね。)

 

 


 

 

ちょっと前の話になりますが、2月22日(あれ、猫の日だった?)に、写真クラブで静岡の河津へ行きました。

かなり遠かったのですが、お天気も良く、楽しい遠足になりました

 

実は、この日の講師は鉄道写真家の先生で、テーマは「河津桜と伊豆急を撮る」でした。

本格的(?)な鉄道写真に挑戦するのは初めてです。

特に鉄道ファンというわけではないのですが、ちょっと楽しみでした

 

 


 

 

 

9309-2.jpg 2

 

 

熱海から乗った伊豆急リゾート21。たくさんのトンネルを通ります。

幸運にも先頭車両に乗れました

 



9309-3.jpg 3

 

  

運転手さん用のフロントミラーから。 

この日は河津へ行くお客さんですごい混雑

 




9309-5.jpg 4

  

 

もうこの国鉄色の車両は珍しいのだとか。ふーん・・・

よく見ると眉毛があるような、愛嬌のある顔ですね。

 


 

このすぐ右手が河津駅で、かなり減速しているので、初心者でも簡単に撮ることができました。速度が遅すぎるため、流し撮りするのはかえって難しい

 

最初に先生から、電車の来る時間、その電車の色や形、撮るのに適した位置などが説明されます。そんな撮影は初めてなので新鮮でした。

にわか「鉄子」になって場所を探し、電車を待ちます

 

電車の写真は、ちょうどいい位置で先頭(頭とか顔とか言う!)が撮れないといけませんね。

余計なケーブルや架線が顔にかかってはいけないのです

できれば「○○号」とか「○○行」とか、電車のマークがはっきり写っているといいらしい。でも「回送」はNGみたいですよー

 




9309-4.jpg 5

 

  

河津桜はそろそろ葉っぱが出てきていました。前の週がピークだったそうです。

この翌日は雨だったので、次週の撮影だと難しかったと思います。

ギリギリでしたね。ラッキー

 


 

9309-6.jpg 6

 

 

斜めにした場合は行き先が上がっているほうがいいそうですが、これは間違えて下げてしまいました

先頭と最後尾が同じ顔の電車の写真は、ヘッドランプかテールランプなのかで判断するそう。

しかし伊豆急は昼間はランプを点けていないようで(JRはいつも点いてるとか)、これだけではわからないみたいです。

つまり、本当は去って行く電車だけど、向かってくるように見ればOKと言うことで・・・

 




9309-7.jpg 7

 

 

河津桜というのは、1955年頃に河津で発見された新種の桜で、その原木から全国に増えていったそうです。 その原木は今も元気に咲いているんですよ

早咲きで、咲いている期間も長く、濃いピンク色が特徴です

 




9309-8.jpg 8

 

 

菜の花もたくさん咲いていました。河沿いの道はとにかく混んでいます

午後から少し曇ってきました。

 

 


 


9309-9.jpg 9

 

 

耳が桜の花びらの花うさぎ

 


 

 

今回は、今まであまり使ったことがない連写機能を使ってみました。

私のカメラは1秒3コマという遅さなので、このような写真には向かないのではと思ったのですが、先生に伺うと、連写で撮るようではまだまだなのだとか・・・

ツウは狙ったところで1回だけシャッターを切るそうです!そうなんだー!さすがー

(と言っても、先生もついつい連写を使ってしまうそうですが・・・

 

早くから指定席を手配していただいた幹事さんたちのお陰で、帰りは踊り子号で横浜までラクラク!

夕方にはたくさんのビール、つまみを買い込んで、車内で大宴会となりました


いろいろ新しいことも覚えたし、電車撮影も新鮮な体験で、楽しかったなぁ

 

 


テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

09:21  |  風景  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/08(Sun)

ありがとうございます。

9308-1.jpg





マックスのことについて、色々とあたたかいコメントを頂き、本当にありがとうございました。

ご自身の悲しい体験や、虹の橋で待つ大切な家族について、お話して下さった方もいらっしゃいます。
とても感動し、涙が出ました。
私よりもっともっと辛い経験をされた方も、たくさんおられるはずですね。

また、現在介護の真っ最中という方もいて、他人事とは思えません。
辛く不安な毎日かもしれませんが、どうか最後まで見守ってあげて下さい。


去年の今頃は、マックスを失った悲しみと後悔でいっぱいでした。
キャリアだと早く知っていれば、免疫力をつけるサプリメントをあげたり、姫子への感染を防ぐ対処もできたかもしれないのに・・・

ウィルスは唾液や血液から感染するといいます。
2匹はとても仲良しでいつもペロペロなめあっていたし、ご飯のお皿も共有していたので、感染しないほうがおかしいくらいでした。
近いうちにまた姫子にも同じことが起こるのかと思うと、絶望的な気持ちでした。

その後、姫子の血液を念入りに調べてもらい、感染がないことがわかったとき、本当に嬉しかった!
マックスが守ってくれたんだと思いました。

それから新しくれおちゃんを迎え、姫子も元気を取り戻しました。
最初はつかず離れずの距離を保っていた2匹でしたが、徐々に仲良くなってきて嬉しいことです。
れおちゃんが来てくれて本当によかったと思います。

ずっとマックスの写真を見るのも辛かったけど、今回あらためて写真を選びながら、いろんな思い出がよみがえってきました。
本当に可愛いくていい子だったなぁと思います。
短い間ではありましたが、彼と巡りあったことに感謝し、またいつかどこかで会えることを楽しみにしています。

マックスの分まで姫子とれおを可愛がり、また次に縁がある子があったら、どんな子でも大事にしてあげようと思っています。




テーマ : 猫の写真 - ジャンル : 写真

00:10  |  うちの猫  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/05(Thu)

あれから一年

 

 

 

今日は長男MAXの一周忌です。

虹の橋で元気にしているかな?

もう1年、まだ1年。。。

 

 


 


もうマックスの話はすでに何度かしていますが、今日は彼の命日なので、また思い出を語ってみたいと思います。またちょっと長くなってしまいそうです。

 

 

マックスは姫子と共に、里親探しで生後4ヶ月くらいのときに引き取りました。

 
その時は全く知らなかったのですが、生まれつき白血病ウィルスのキャリアだったらしく、1歳半のときリンパのガンを発症し、1週間で亡くなりました。

 

猫ボランティアさんはみんな一生懸命やっているし、本当に頭が下がります。 

ボランティアさんによって色んな考え方があって、ウィルス検査をするところもしないところもあります。でも、検査をしたかどうか、未検査ならどんなリスクがあるのかは、やはり伝えるべきだと思います。

 

マックスが病気になったとき、最初は原因がわからず無駄な検査をしてしまいましたし、知らないうちに姫子に感染する怖れもありました。

 

猫を飼うのは初めてだったので私たちも勉強不足でしたが、譲渡される猫は必要な検査は全て済んでいる健康な猫だと思い込んでいました。

 

実際、1回目のワクチンなどは終わっていましたし、2回目のワクチンと、時期が来たら去勢することだけ念をおされ、ウィルス検査については全く話がなかったので、それほど重要なことだとも思っていませんでした。

 

病気になって問い合わせて初めて未検査であることを知り、どうか陰性で!との願いもむなしく、あらためて受けた検査で陽性だとわかったときのショック・・・!

 

もし初めて猫をもらった人が突然このような別れ方をしたら、もう猫を飼いたいとは思わなくなるかもしれないし、それはとても残念なことです。

 

うちもマックスだけだったらそう思ったかもしれません。

 

野良猫出身はいろんなリスクを持っていることがあります。

 

やっぱり猫に詳しい方が、特に猫初心者には、悪いことも含めて最初にいろいろ教えておくべきだと思うのです。

 

 


 

 

 

9305-2.jpg

 

 

去年の1月にコンパクトデジカメで撮った写真。

もっと一眼レフでたくさん撮ってあげればよかった・・・

 


 

もし猫を飼うときは白黒のハチワレで、オスならマックスという名前にしようと、私たちは前から決めていました。


マックスはとても行儀のいい子で、困ることを全くしませんでした。

そして彼のおかげで、猫というのはとても賢くて、可愛い生き物だとわかりました。

 

マックスは初対面の人に抱っこされることもできたし、爪切りや歯磨きも平気。

病院も全く嫌がりませんでしたし、痛みにも強く、注射も大丈夫でした。

とても甘えん坊で、よく鳩のようにフルルルーンと鳴いていました。

洗濯機に水が入るところや回るのを見るのが好きで、スイッチを入れると飛んできたものです。

 

また、お花や植物が好きで、植木鉢を掘り返したり、観葉植物をかじったり、切花を斬新なアレンジにしてくれたりしました。 それがちょっと困ったことだったかな。

私たちはふざけて「かりやざきまくお先生」などと呼んでました。

 

時々またたびをあげると酒乱のようになって、唸ったり、全速力で走り回ったりするので、それもちょっと怖かったですが。。。

 

どちらかと言うと大人しいほうだったのかもしれませんが、夜中に走り回ることもあったし、高いところに楽々飛び乗ることもあった。

 

発症するまではごく普通の行動だったと思います。

 

 

 

9305-7.jpg

 

 

 

洗濯機スタートにスタンバイするまくおちゃん。

 

 

9305-3.jpg

 

 

ひまわりのアレンジをする「かりやざきまくお先生」。

  


 

 

動物火葬場の係員の方とお話したとき、「動物はみな自分の寿命をわかっていて、それに合った生き方をするんです。わかってないのは人間だけなんですよ」と、おっしゃってました。


もうその仕事を長くしているそうですから、それはきっと真実なのではないかと思います。(動物の「おくりびと」ですね。)

 


最初は姫子に会いにボランティアさんのお宅に行ったのですが、真っ先に玄関で出迎えてくれたのがマックスでした。

 

そのお宅には他にも里親を待つたくさんの猫がいて、次々に私たちを観察に来たのですが、一番何度も寄って来たのがマックスで、ついに夫の膝から動かなくなってしまいました。


それで2匹を一緒にもらうことにしたのですが、その後マックスが自ら人の膝に乗ることはなかったことを考えると、うちへ来たいという精一杯のアピールだったのでしょう。

 

彼は短い一生をわかっていて、うちで過ごしたいと思ったのでしょうか?

 

あまりにも短すぎて私たちはとても悲しかったけれど、彼を幸せにはしてあげられたかもしれないと思うと、あの時引き取ってよかったと思います。


マックスのお骨を拾うとき、別の係りの方に「この子は骨が細いですね。まだ若かったのですか?」と聞かれました。

 

骨というのは3歳くらいまで成長するそうです。

 

マックスは6.4キロあって大きかったので、もうすっかり大人の体格だと思っていたのですが、実はまだまだ子猫だったんですね。

  

本当はもっともっと生きたかっただろうね。。。

 

 

9305-4.jpg

 

 

ダンボール箱でくつろぐまくちゃん。箱が好きだったね。

 


 

獣医さんも、いい子ほど短命なことがあると言ってました。


よく、病気を持ってるから活発じゃなかっただけとか、いい子にしているストレスで短命になったとか言われることもあります。

 

でも私は火葬場の方が言ったように、 短い一生とわかっているから、悪いことをして時間の無駄をしたくないのでは、また短い命の自分を引き取ってくれた私たちに感謝して、困らせることより喜んでもらうことをしたかったのでは、と勝手に思っています。

 

 

 

9305-5.jpg

 

 

本当は姫ちゃんと一緒にいたくて、うちへきたのかな?

 

 (これはただのお昼寝中で、病気のときではありませんよ。)

 


 

 

病気になったとき、マックスは苦しいのか、いつもべったり一緒だった姫子がそばに来ることを嫌がりました。

 

姫子はとても心配し、ちょっと離れたところから常にマックスを見ていました。

 

彼が天国に逝ってしまうときは周りをぐるぐる回り、亡くなったあとは何度も体の上にのぼり起こそうとしているように見えました。

 

そして家から居なくなってしまった後は、朝に晩に鳴きながらマックスを探しまわりました。

 

やっぱり動物だって仲間がいなくなれば寂しがるんですよね。。。

 

姫子がまだマックスを覚えているかどうかはもちろんわかりません。

 

でもよく2匹で昼寝していたお気に入りの場所には、もう全く行かなくなりました。

 

その頃は毎日のようにそこにいたのに、なぜでしょう?

 

 

9305-6.jpg

 

 

マックスは大きくて包容力があったね。

 


 

病院へ行くのは嫌がりませんでしたが、最後にCTを撮りに行くとき、少し抵抗しました。
その晩に亡くなったのですから、やはり彼にはわかっていたのかもしれません。


夫と姫子と一緒に、彼の最後を看取れたことが救いです。
1人きりだったらきっと受け止め切れませんでした。
最後まで親孝行な子です。。。

 

愛するペットが重い病気になったとき、どこまでしたらいいのか難しいですね。

 

私たちはきっと治ると思ってほぼ毎日のように病院へ連れて行ったり、無理やり流動食を食べさせたりしましたが、彼にとっては辛くて、苦しくて、怖いことをされるばかりだったのかもしれません。

 

今思えば、うちでゆっくり自然に最後を迎えさせたほうがよかったのか、でも何もせず見守ることだけに耐えられるか・・・

 

発症からわずか1週間ほどでしたが、辛い思いを長くしなくて済んだことは幸いかもしれません。

 


 

マックスと姫子が来て写真を撮り始め、最初は熱心だったけど、家だとブレて上手く撮れないし、いつでも撮れるからとだんだん撮らなくなってしまった。

 


今思えばレンズが適切じゃなかったし、腕もまだまだ未熟だったからだけど、マックスの可愛い写真があまりないことがとても悔やまれます。 (いくらブレブレでも削除することはできませんが。)

 

今だったらもっと上手く撮れるのに。。。

 


明日は夫が休みが取れるそうなので、マックスの眠るお寺にお参りに行きます。

 

(今マックスを可愛がってくれた友人からお花が届きました。覚えていてくれて嬉しいです。本当にありがとうございます。。。)

 

 

 

テーマ : 猫の写真 - ジャンル : 写真

09:33  |  うちの猫  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/03(Tue)

雛祭り

 1 

 

 

うちの小さな小さなお雛様。

 


 


9303-2.jpg 2

 

  

桃か菜の花でもあればよかったな

 


 



9303-3.jpg 3

 

 

黒文字が欲しかったな

 

 

ちょっと全体的に白くなり過ぎてしまった。ピンクの敷物があればよかったかも・・・ 

 

 

 

もう3月なんですねぇ・・・

 

 

 

テーマ : 四季 -春- - ジャンル : 写真

08:33  |  小物  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/01(Sun)

サザンビーチ(2)

 1

 

 

  

女性サーファーも多いですね

 

 


 

9301-2.jpg 2

  

 

 

サザンビーチの続き。今日はサーファーの写真です。

 

この日は波が高かったので、たくさん来ていましたよ

 

 

 

9301-9.jpg 3

 


 

 

9301-3.jpg 4

 

 

波を待つ人と思ったけど、鳥かな?拡大してもわからず・・・

 


 

9301-4.jpg 5

 

 

9301-5.jpg 6

 

 

 

9301-6.jpg 7

 


 

9301-7.jpg 8

 

 

9301-8.jpg 9

 

 


 

 

ユーミンの『真冬のサーファー』を思い出しますねー。(え?古い?)

 

本当に「灰色の風しょって空へ漕いでゆく」感じで、今日はカラーにしてみようかと思ったけど、やはり真冬の海はモノクロのほうが合うようです。

 

そろそろ「前歯が凍り」そうになったので、このへんで帰ることにしました

 

 

 


テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

23:31  |  風景  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。