03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/12(Wed)

クイズ

9812-1.jpg  

 

 

 

 

さて、ここで問題です。

 

私は最近どこへ行ったでしょう

 

 

 

良い子のみんなはもうわかったかな

 

答えは次回までのお楽しみだよー!バイバーイ

 

 

 

 

PS:マックスの記事では、あたたかいメッセージをいろいろありがとうございました。

 

 

 

 


スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

07:45  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/06(Thu)

山手教会

9806-2.jpg 1

 

 

 

 

先日、横浜・山手のあたりを歩きました

 

 

 

 

 


 

 

 

9806-4.jpg 2

 

 

 

カトリック山手教会

 

 

この教会は、ユーミンが結婚式を挙げたことでも有名ですね

 

 

 


9806-5.jpg 3

 

 

 

 

内部も素敵なんですが、残念ながら撮影は禁止でした。

 

日本一美しい聖堂と呼ばれているそうですよ

 

 

 

 

9806-3.jpg 4

 

 

 

薄緑のとんがり屋根が可愛い

 

 

関東大震災で崩壊後、昭和8年に再建されたそうです。

 

 

 

 

 5

 

 

 

うーん、電線がねぇ・・・

 

 

(peeさん、真似させてもらいましたー!)

 

 

 

 

 

 


テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

22:37  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07/01(Wed)

日光・東照宮(3)

 1

 

 

表門(おもてもん)の仁王像

 

 


 

 

 

東照宮近辺で撮ったその他の写真です

 

 



9701-2.jpg 2

 

 

 

 すぐお隣の日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)。

 

 今回は前を通り過ぎただけだったけど、こちらも面白そうでした。

 

 次回はちゃんと見学してみたいです

 

 

 


9701-3.jpg 3

 

 

 

二荒山神社と東照宮をつなぐ道。奥が二荒山神社。

 

 

 


 

 

こちらは 東照宮です。

 

 


9701-4.jpg 4

 

 

 

陽明門には霊獣と呼ばれる想像上の動物が194体いるそうです。。。

 

 


9701-5.jpg 5

 

 

 

彫刻・レリーフの量がとにかくすごいのですが、動物のモチーフが多いですね。

 

家康公は寅年、寅の日、寅の刻に生まれたそう

 

 

 


9701-6.jpg 6

 

 

 

こちらは象だと思うんですけど・・・
 

 

 


9701-7.jpg 7

 

 

 

 こちらは獏(ばく)らしい

 

「鼻が長いので象にも見えるが、トゲのような眉と丸い目、首の巻き毛が持徴。

獏は悪夢を食べてくれるといわれるが、鉄や銅も食べる。戦争が始まると武器を作るため鉄や銅がなくなるので、獏は平和な時代にしか生きられないのだという。獏は軍縮の象徴でもあり、平和への強い願いが込められている。」

 

 

へーぇ。そうなんだ。。。東照宮ってとにかく平和を願って造られたんですね。。

 

しかし贅沢な造り。出来たばかりのときはとっても鮮やかだったでしょうね

 

 



 

9701-8.jpg 8

 

 

 

この狛犬はなんだか猫っぽいポーズ。 なんでこんな格好?

 

・・・と思ったら、これは「飛び越えの獅子」といって、石柵を飛び越えて着地した瞬間らしい。

柵と狛犬(獅子?)は一体になっていて、柵が倒れるのを防ぐためでもあるとか。

 

 

 

9701-14.jpg 9

 

 

本物の黒猫ちゃんに遭遇。すぐ逃げられた・・・

 

 

 

9701-9.jpg 10

 

 

 

 


 


9701-10.jpg  11

 

 

 

すぐそばにある日光東照宮美術館。

 

 


9701-11.jpg 12

 

 

 

横山大観などが手がけた襖絵が見られます。

 

 

 


9701-12.jpg  13

 

 

広い内部は迷路のようでした。

 

 

 


9701-13.jpg 14

 

 

 

 

以前は社務所だったそうで、今も巫女さんたちの控え室があるようです

 

 

 


 

 

これで日光旅行は終わりです。

 

今回はあまり時間がなく、東照宮近辺のみで、華厳の滝などには行けませんでした。 

 

 東照宮って「ダ・ヴィンチ・コード」並みにいろいろ秘密が隠されているそうなので、もうちょっと勉強してからまた行ってみたいですね

 

 

 

 

 

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

08:23  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/30(Tue)

日光・東照宮(2)

 1

 

 

三猿(さんざる)

 

「見ざる、聞かざる、言わざる」で有名ですね

 

「3匹の猿というモチーフ自体は古代エジプトにも見られるもので、シルクロードを経由して中国から伝わったものだという見解がある。よく似た表現は古来世界各地にあり、同様の像も古くから存在する。」

 

へぇー、世界中に似たような話があるんですね。なぜどこでも猿で表すんでしょう?不思議

 

 

 

9630-2.jpg 2

 

 

神厩舎(しんきゅうしゃ)

 

ご神馬をつなぐ厩(うまや)で、昔から猿が馬を守るとされているところから、猿の彫刻がほどこされているそうです。

 

 

9630-4.jpg 3

 

 

9630-5.jpg 4

 

 

猿の彫刻は8面あり、人間の一生が風刺されているそう。

 

 

 

9630-3.jpg 5

 

 

紫の袴の方はこちらの神主さんで、一面ずつこの彫刻の説明をしていました。

 

とってもお話が上手で、ものすごく笑わせてくれるんですよ

 

 


 

9630-6.jpg 6

 

 

 

奥の建物は本地堂(ほんじどう)。1635年に建てられたそうで、薬師如来が祀られています。

 

この中に鳴龍(なきりゅう)があります。

 

 

9630-7.jpg 7

 

 

内部の天井には大きな龍の絵があり、その下で手を打つと音が反響して、まさに龍が鳴いているように聞こえる鳴龍現象が起こる・・・ということです

 

係りの人が絵の下で拍子木を打ってくれるのですが、確かに鈴を転がすような美しい音が聞こえます。特に龍の顔の下がいいのだとか。。。面白いですね

 

 


 

 

順番がバラバラになってしまいましたが、眠り猫をくぐって進むと奥宮(おくみや)があります。

 

いわゆる家康公のお墓です

 

 

 

9630-8.jpg 8

 

 

かなり長くて急な階段を上らなくてはいけません。

 

 

 

 

9630-10.jpg 9

 

 

けっこう辛いですよー

 

昔、奥宮は将軍様しか参拝できなかったそうですが・・・将軍様も大変でしたね。

 

 

 

9630-11.jpg  10

 

 

 

拝殿の先に鋳抜門(いぬきもん)があります。

 

 

  

9630-12.jpg  11

 

 

 

門の内側です。これが御宝塔。つまり家康公のお墓ですね。

 

中に入ることはできず、囲いの外から見るだけ。

 

なんとなく厳かな空気が漂っています。。。

 

 

9630-13.jpg  12

 

 

反対側から見たところ。

 

お堂などではなく、オープンスペースなんですねー。 

 

 


 

 

奥宮から降りて、祈祷殿(きとうでん)です。 

 

 

 

9630-14.jpg 13

 

 

 

9630-15.jpg 

14

 

 

 この特別祈祷所では結婚式が行われていました

 

おめでとうございます!いつまでもお幸せに・・・

 

 

 

 


テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

12:00  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/27(Sat)

日光・東照宮

 1

  

 

眠り猫(国宝)

 

仔猫が日の光を(日光)を浴びてうたた寝しているところだそうです

 

「猫も寝るほどの平和」を表しているとか、実は寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているとかの説あり。

 

猫の彫刻は、東照宮以外の神社・寺院では獲物を狙って殺気をみなぎらせているのが多く、寝ているのは東照宮だけだそうです。つまり平和な様子をあらわしているそうなんです。

 

猫飼いから見ると、前足はふんばってるし、やっぱり眠っているよりは、ただ目をつぶっているだけのように見えるけどなぁ・・・

 

裏は雀が彫られているそうで・・・それは見逃してしまった・・・


 

 

宇都宮から日光線に乗って日光にやってきました。1時間弱くらいですが、1時間に1本くらいしかないので、時間に注意です

 

2両しかない電車に乗ってびっくり!ほとんどが外国人観光客でした

 

日本人も含めて、普通の観光客は観光バスで来ることのほうが多いようですね。

 

 

 

 

9627-2.jpg 2

 

 

石鳥居(いしどりい)

 

1618年、この石材は、まず九州から船で小山まで運ばれ、その後陸路を人力で日光まで運ばれたそうです

 

 


 

 

日光に来るのは、なんと小学校の修学旅行以来です

 

この日は雨がポツポツと降り、霧も出て、少し肌寒かったですね。

 

東照宮は日光駅からバスで15分ほどでした。

 

ご存知のように、東照宮は、1617年に徳川初代将軍・徳川家康公を祀った神社ですね。

 

家康は「日本全土の平和の守り神」になり、徳川幕府の安泰と日本の恒久平和を守ろうとしたのだそうです

 

 


 

 

9627-3.jpg 3

 

五重塔(ごじゅうのとう)

 

 


 

 

 

9627-4.jpg 4

 

 

 

帰ってから知ったんですけど、このあたりはスピリチュアルパワーがすごく強いらしいですよ。

 

特になんにも感じなかったんですが、なんか御利益がありそうな空気はありますね・・・

 

 

 

9627-5.jpg 5

 

  

陽明門(ようめいもん)(国宝)

 

いつまで見ていても見飽きなくて日が暮れるというところから「日暮の門(ひぐらしのもん)」ともよばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされているそうです。

 

とにかくすごい彫刻の量です。東照宮は今のお金にすると2000億円くらいの建設費かかっているらしいです。さすがに家康ですね

 

 

今回は陽明門を中心に写真を選びました

 

 

 

9627-6.jpg 6

 

 

 

よく見ると、突き出ているのはほとんどが龍なんですね。

 

どれも口の開け方が微妙に違うので、びっくりしました

 

 

 

9627-7.jpg 7

 

 

  門番

 

 

 

9627-8.jpg 8

 

 

 

右側の廻廊(かいろう)(国宝)

 

「陽明門の左右に延びる建物で、外壁には我が国最大級の花鳥の彫刻が飾られています。いずれも一枚板の透かし彫りには、極彩色がほどこされています。」

 

 

 

9627-9.jpg 9

 

 

 

左側の廻廊

 

鮮やかなレリーフがたくさん並んでいます。飛び出しているのはろうそく立てなんでしょうか

 

 

9627-10.jpg 10

 

 

 

9627-11.jpg 11

 

 

 

ほとんどが花と鳥です。1枚板をくりぬいているなんて信じられませんね・・・

 

まだこれだけの色が残っているのがすごい。定期的に塗りなおしているのかな?

 

 

 

9627-12.jpg  12

 

 

狛犬のモチーフも多いです。

 

 


 

 

 

9627-14.jpg  13

 

 

陽明門の裏側

 

 

 

9627-15.jpg 14

 

 

 

9627-16.jpg  15

 

 

 

 

9627-18.jpg  16

 

 

 

 

子供が遊んでいるレリーフも多いです。これも平和を表しているのだとか・・・

 

 

 

9627-17.jpg  17

 

 

いろんな動物もいます。

 

 


 

 

9627-19.jpg 18

 

 

「魔よけの逆柱」

 

「12本の柱のうち1本だけはグリという渦巻き文様が逆になっている。完璧な陽明門に魔がささないようにと故意に未完成にした、という説がある」・・・わざと間違った部分を作るなんて、芸が細かいですねー

  

この柱は偶然撮ってました。他の柱はグルグル模様が上向きなんです。上の「門番」の写真の柱と比べて見てくださいね。

 

 


 

 

9627-13.jpg  19

 

 

唐門(からもん)(国宝)

 

 

 

9627-20.jpg  20

 

 

 

とにかく龍がたくさん。他にも虎、象、鳳凰などがたくさん見られました

 

 

 


 

 

 

小学校の修学旅行の遠い記憶がよみがえってきました。

 

親に借りたカメラの調子が悪くなって、同行のカメラマンの人に見てもらった気がします

 

カメラって扱いにくーい!めんどくさーい!と思っていたのに、○年後にはもっと大きなカメラを持って、また日光に来るとはねー

 

デジタルカメラが開発されなかったら、絶対写真はやってなかったでしょう・・・

 

 

  

 


テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

23:42  |  街、建物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。